エステでエイジングケア

エイジングケアを必要とするのは何歳になった時でしょうか。それは人それぞれですし、人生の転機にハッときがついて開始するという方や、それこそ千差万別で、色々な方がおられると思います。しかし、おおむね35歳を過ぎた頃から、誰もが少しづつエイジングケアの大切さを実感するのではないでしょうか。

筆者の個人的な感想となってしまって恐縮なのですが〝年齢〟が大きく顔や体に影響してくる歳が35歳前後なのではないかと思っています。どうしてそう思うかというと、理由が二つあります。

まず一つは、お会いする35歳前後の方全員が〝おばさん〟か〝お姉さん〟に分けることができるからです。これは面白い程にそうです。50代や60代ともなれば〝美しいおばさん〟か〝ただのおばさん〟か〝きたないおばさん〟かの、おばさんの中の選択ということになります。また20代や30代前半だと、〝きれいなお姉さん〟か〝オブスなおねえさん〟かのお姉さん内の選択となると思います。しかし、35歳前後は、はっきりとお姉さんかおばさんかに分けられます。中間はありません。この〝お姉さん〟の方に分けられる方というのは、「35歳ってまだまだ若く美しい1人の女性なんだな」と思わせる方です。もちろん中身の美しさも影響を与えますが、初対面の場合は中身の詳細な考察まではできないので、パッと見の印象が全てです。反対に〝おばさん〟に分けられる方は「疲れているのかな、暗いな」という印象を抱かせる方です。ここで分かるのは35歳でおばさんになる人の特徴は〝諦めた人〟であることです。ですので暗い印象を人に抱かせます。

では最初に戻って35歳おばさん境界説の2つ目の理由ですが、女性は35歳前後に人生の大筋が決定しがちです。おおむね先が見渡せ、そろそろ冒険もできない年齢なので、ここで諦めた人と、ここからもっと勉強しようという2派に大きく分かれます。これは既婚や未婚に限りません。既婚者でも美しい方がたくさんいますし、未婚でも美しさにどんどん磨きがかかって行く様な人もいます。もし、自分が今人生を諦めがちで、明るく前向きになれないという方がいたら、エステのエイジングケアがおススメです。外側を磨くことによって、本来自分が持っていた内側の輝きを引き出すことができるのがアンチエイジングケアだからです。

女性は自分を美しいと思えることが本当に必要な生き物なのです。エイジングケアを輝きへの足がかりとするのはいかがでしょうか。

エステでバストケア

バストケアと言っても、どうしたらいいのか分からず放置しているという方がどれくらいいるでしょう?正直どうしたらいいのか分からないのが、バストケアではないでしょうか。

そこでご紹介するのが、エステによるバストケア及び豊胸です。ここで豊胸という言葉が出てきて驚かれた方も少なからずいらっしゃるでしょうが、エステでも豊胸は可能なのです。

もちろんこれには手術などのメスを使用する医療行為などではありませんし、注射をするわけでもありませんので安心して下さい。あくまで美容法としてバストアップを目指す、という意味の豊胸です。

それでは、豊胸やケアと言いますが、実際にはバストってどんな構造をしているのでしょうか。バストの構造とケアを、外側から説明いたします。

まず、バストには、乳首と乳輪があります。これは妊娠により色素沈着がおこり変色することがありますが、加齢によっても色素沈着が進んだりするのでケアの対象ともなります。

次に皮膚ですが、皮膚はバストの表面をおおっているので、下垂等にも大きな影響をあたえます。皮膚の適切なケアによってもバストの形は大きく変わるので、大切なケアの対象となります。

次に皮下脂肪です。乳腺を守るクッションとしての大切な役割を担っていますが、バストのふくらみに大きな影響を与えていますので、無理なダイエットなどで、胸がしぼまないようにケアしなければ美しいバストは保てません。

次に乳腺があります。乳腺こそバスト本来の役割を発揮する大切な器官ですが、この乳腺もバストのふくらみに大きな影響を与えています。乳腺の発達している人は胸が大きい人が多い様です。また乳腺はしっかりとした組織なので、乳腺が発達して胸の大きな人は下垂しにくい傾向にあります。これは欧米人に多い傾向で、堅く下垂しないバストと言っても良いでしょう。日本人は皮下脂肪で大きさが決まる人が多いので下垂しやすい傾向にあります。もちろん、これらもケアの対象になります。

次に胸筋です。胸筋は、大胸筋と小胸筋のパーツに分かれる筋肉ですが、大胸筋がバストのベースを造るものなので、大胸筋を鍛え刺激することでバストアップが望めます。

エステでは以上のバストの構造を元に豊胸やケアを行っているので、効果が出る様です。

リラクゼーションの本場はエステ

リラクゼーションと言えば、マッサージサロンを思い浮かべてしまいますが、日本でのリラクゼーションの本場はやはりエステではないでしょうか。マッサージこそエステの醍醐味といっても大げさではありません。また、熟練したエステティシャンのハンドマッサージには、眠りに落ちてしまう程のリラックス感をもたらします。

そもそもリラクゼーションとは、リラックスした状態に導く行為や活動や休息を指しますが、その方法は、多岐に渡ります。そこで、いくつかのリラクゼーションをご紹介いたします。

まずは最も代表的なのが、アロマテラピーです。アロマテラピーは、ハーブなどの自然植物から摘出したアロマオイルを使用したリラクゼーションですが、リラックス効果のあるオイルを使用してマッサージをしていきます。アロマオイルは西洋では治療薬としても認知されているものなので、そのリラックス効果は絶大です。このオイルには、ホルモンのバランスを良くしたり、自然治癒力を高める効果があります。

次に、代表的なのが、パリ式マッサージですが、これはリンパの流れに沿ってマッサージしていくもので、首からつま先まで施術されるとても気持ちの良いものです。エステティシャンが手のひらを使用して強めのマッサージを施していきますので、全身のこりがほぐれて、生まれ変わったようにスッキリとします。

次は全身のマッサージではないのですが、全身マッサージを施されたかのように、リラックスすることのできる、リフレクソロジーです。こちらは、足裏にツボをオイルを使用してマッサージしていくものですが、その緻密さと念入り加減が本当に気持ちの良いマッサージです。足裏には体の各器官や内蔵などの反射区が集中していると言われています。ですので念入りにマッサージしていくことで、血液やリンパの流れが正常になり、老廃物を排出してくれます。アロマオイルを併用してくれる、アロマリフレクソロジーを行っている所もあり、こちらは、更なる効果が期待できます。

痩身エステ

痩身エステと聞くと「エステで痩せようなんて、努力が足りないんじゃない?」という人が必ずでてきます。そういう人の気持ちも、ある程度は分かります。あらゆる美容法の中で最も自分にストイックにならなければ成功しないのが痩身だからです。

しかし、実際はどうでしょう。個人的に痩身にチャレンジというとまず、食事制限からスタートしようという方がほとんどなのではないでしょうか。しかし、食事制限で得られるものは、美しいボディーラインとはほど遠いものであったり、ただ単純に体重が落ちただけで、胸がしぼみ、お肌も心もボロボロという結果に陥ってしまう方もいて、個人的には、なかなか美しく痩せることができないのが現実ではないでしょうか。

その点、痩身エステは、あくまでも客観的にあなたの体をチェックします。プロの目からみて、美しいボディバランスを目指すので、盲目的に体重を落とすだけ……というダイエットから抜け出すことができます。例えばですが、セルライトで脂肪がカチカチになっている方には、セルライトの除去がされますし、食べ過ぎという方には、食事を無理なく、バランスよく改善する指導があります。

食事はただ食べないというだけでは、本当の意味では痩せません。無理な食事制限は、体が脱水状態になっているだけだったり、筋力が栄養不足で衰えたりしているだけなので、脂肪を燃焼する力が衰えるので、必ず何年後かにリバウンドしてしまいます。食事には太る食事と痩せる食事があるのです。プロにはそういった知識が豊富にありますので、第三者チェックをしてもらうだけでも、美しくやせることができるのです。

また、数ある痩身エステの中には、今流行の遺伝子分析で、個別の痩せやすい方法を分析指導してくれる所まであります。他にも、サロンによって、足やせに定評があったり、もみ出しに定評があったりと、色々ですので、無料エステなどに行ってみて、自分に合った所を探してみるのもいいのではないでしょうか。