夏に向けて脱毛を考えているなら

夏に向けてムダ毛の脱毛を考えている人も多いのではないでしょうか?永久脱毛などを簡がている場合には今すぐにでもエステに行ったほうがいいでしょう。また夏に焼きたいとおもっている人は脱毛が終わるまでは無理ですので、脱毛を選ぶか小麦色の肌を選ぶのかはしっかり考えたほうがいいかもしれませんね。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などは肌の黒い部分に反応してレーザーを照射するので焼けてしまうと効果が出ないこともあります。ですので脱毛をしている期間中は基本的には焼けないということです。また完全に脱毛するには毛周期がありますから2年程度は最低でもかかるとみておいたほうがいいですね。ですので考えているのであれば後回しにせずはやいうちから脱毛するようにしておけば、お手入れをせず、つるつるの肌で入れる時間がそれだけ増えるということになります。

意外と自分でのお手入れってめんどうですし、ついついそり残しがあったりしてどきどきすることもありますよね。そういったことから解放されると考えると、お金はかかるけどやっておいたほうがいいのかなーと思いますよね。最近ではいろんなキャンペーンをやっているエステも多いですから、いろいろ見てさっそく初めてみてはいかがでしょう。

 

脱毛におけるエステと病院のちがい。

最近ではエステでも病院でも脱毛を宣伝しているところが多いですよね。エステと病院ではどういったところが違うのでしょうか?病院は医療行為ですので、使う機材も厚生労働省に認可された医療機器がつかわれています。そのためレーザー脱毛であれば、出力のちからが病院のほうが大きいというわけです。ただし、病院はあくまで病院です。たとえば、施術の前にはきちんと家でムダ毛を剃ってこないといけない場合が多いです。逆にエステの場合では、エステについてから自分でムダ毛の処理をするのも可能なところもあります。またエステだと終わった後の消毒のあとに、保湿クリームなどをぬってくれるところがほとんどですよね。

料金面についてはどちらが安いかというのはわかりません。エステは好きに料金設定ができるので病院より安い設定の料金になっているところはたくさんあります。病院は逆に、ほとんど同じ値段での施術となります。エステの場合は二年間通うという契約になったり、無制限の契約だったりとありますが、病院では都度払いを採用しているところも多いのではないでしょうか。あれこれと悩む前にいろいろな広告や体験をしてみて自分に合っているほうを選ぶのが一番です。

Vラインの脱毛

最近では脇の脱毛、足や腕の脱毛は簡単にできるようになってきましたよね。お得なキャンペーンなどもエステでは紹介されますし、レーザー脱毛や光脱毛のおかげで痛みも少なってきました。そんな中で、気になるけどなかなか脱毛に踏み切れないでいる人が多いのはアンダーヘアの脱毛ではないでしょうか。

アンダーヘアが気になるのは、やはり夏、水着になるときと、彼氏ができたときですよね。せっかくかわいいビキニを着ているのに、アンダーヘアが気になってしかたがないなんて言うのはもったいないですよね。とくに正面から見えるVラインの脱毛をやってみたいなと思う人も多いでしょうね。最近はレーザー脱毛でVラインなどの脱毛を行っている人もいるようです。ただVライン脱毛での悩みとしては、どういった形にするかをきちんと事前に話しておかないと残った毛が変な形になってしまうこともあるようです。きちんとサロンで施術を受ける前には確認しておきたいですよね。

心配な人はレーザー脱毛よりワックス脱毛のほうが、まだ毛が生えてくるのが早いようですのでワックス脱毛を取り扱っているサロンに行ってみるとよいでしょう。これから夏に向けて早めにお手入れしておきたいですね。

脱毛後の注意点

むだ毛に悩んでいるなら、おススメなのが光脱毛です。
光脱毛は永久にむだ毛から解放されたい、けれど手軽に、気軽に行いたいという方におススメの脱毛方法です。

光脱毛とはその名の通り、光によって脱毛する脱毛方法です。黒い色素にのみ反応する特殊な光を使用するので、毛根以外への影響はとても少ないのが光脱毛の優れた点なのですが、しかし、全く影響がゼロというわけではありません。そうしても光を受けた箇所は赤みやひりひりした感じが出てしまいます。これは皮膚の色にもより個人差もあるのですが、ひりひりした場合は〝火傷〟の状態になっているということですので、すばやく冷やす必要があります。

多くのエステでは施術後に施術箇所を冷やしてはくれますが、直後に一時的に冷やすのも対せるですが、それだけでは充分ではありません。ですので帰宅後も冷やす必要があると言えます。自宅で冷やす場合は保冷剤などの刺激の強いものを使うのは止めましょう。保冷剤では冷えすぎてしまって、かえって肌に負担をかけます。そこで、脱毛に出かける前に濡れたタオルを冷蔵庫で冷やしておくなどしておき、帰宅後冷やしたタオルを脱毛箇所にあてるなどでして、ゆっくりクールダウンさせましょう。

また脱毛処理を施した当日は入浴も避けた方が無難です。湯船につかることで、脱毛箇所を再度暖めてしまうのはあまり良いことではありません。シャワーをさっと浴びる程度にしておきましょう。それから身体を洗うときもごしごしと洗うことは避けて、石けんをよく泡立ててなでるように洗い短時間で済ませましょう。

それから脱毛後24時間は汗をかかないようにしましょう。入浴をあまりすすめられないということからも汗をかかないのがベストですし、激しい運動が脱毛箇所に余計な刺激を与えてしまうことからもおススメできません。

また制汗スプレーやメイクもできればしないほうがいいようです。飲酒も避けましょう。特に顔が赤くなったり、身体に熱を持ってしまう様な人は注意が必要です。

脱毛の歴史

脱毛の歴史というと、どれくらい前のことを想像しますか?100年前ですか?1000年前ですか?脱毛の歴史をひも解くと、実に紀元前3000年前にさかのぼるそうです。研究によって地中海地方の古代オリエントの時代に、脱毛はすでに始まっていたようです。

この時代の脱毛方法はでんぷんや石灰等色々なものを水にとかした、脱毛ワックスで、ハーレムの女性達に愛用された様です。また世界三大美女に数えられるクレオパトラも脱毛ワックスを使用していたといわれています。古代エジプトの遺跡の中からはカミソリらしきものまで発掘されています。

ですから脱毛は人類の有史とともにあるといっても大げさではありません。つるつるすべすべのお肌は、古代の昔から私たち人間にとって美しく手に入れたいものの一つだった証です。では日本での脱毛の歴史はというと、平安時代から始まるとも言われています。当時美しいとされた額の形に近づくために毛髪の脱毛が行われています。

それから江戸時代に下ると遊郭の女性達によるアンダーヘアの処理が行われています。処理方法は線香の火で焼き切るという、ちょっと恐ろしいものでしたが、剃ると毛先がちくちくして痛みを感じますが、焼き切ることによって毛先を丸くするという工夫の一つであったと思われます。

19世紀になると、アメリカでは電気分解で毛穴の組織を壊す治療が試されましたが、これは逆さまつげを治療するものとして使用されました。その後20世紀になるとアメリカでX線による永久脱毛が試されましたが脱毛後、組織が癌化するという代償をともないました。

1983年には「選択的光熱融解理論」が発表されました。難しい話になってしまいますので省略しますが、この理論によりレーザー脱毛が可能になりました。今でいうところの光脱毛で、ある一定の色素にのみ反応する光が発見されたことで、他の部分に影響を与えず毛根を処理することができるようになりました。このように人類の試行錯誤のかいがあって私達が気軽に永久脱毛できるのです。クレオパトラが生きていたらさぞかし羨ましがることでしょうね。

脱毛の種類

自己処理が面倒になってきたので、サロンで脱毛したい!とおもってもどこにいっていいのか、費用はどのくらいが妥当なのかわからないことも多いですよね。まずは脱毛の種類を知ることから始めてみましょう。

まずはレーザー脱毛です。毛根がメラニン色素でできていることを利用してそのメラニン色素にだけ反応するレーザーを使用して内部から脱毛します。毛を1本ずつ脱毛しなくてよいので短時間で済むこと、痛みが少ないのが特徴です。メラニン色素に反応するため、日焼けした肌には適さない場合が多いようです。

電気脱毛は、低周波の電気を流して毛の1本1本を焼きながら処理します。そのため、毛穴の1つ1つに針を刺しこんでの施術のとなります。肌への負担は少なく、一度施術をすると永久性も高いですが、施術に時間がかかることと、針を刺しこむことによる痛みを伴う場合が多いようです。

光脱毛はフラッシュライトを使った方法です。使われる光の種類によって、フラッシュ脱毛やプラズマライト脱毛、IPL脱毛など様々な名前で呼ばれています。フラッシュライトを使い、メラニン色素に反応させるものです。肌への影響も少なく、短時間で済み、痛みをあまり感じないのが特徴です。

ワキ脱毛

女性の方は年間通して、いつもワキ脱毛に悩んでいるのではないかと思います。私も例外でなく、学生のころからずっと悩んできました。自分で処理をしてきたのですが、初めのうちは毛抜きやかみそり、ワックスなどを使って脱毛していました。

夏場などの処理が頻繁になる季節には、肌はもうボロボロで、血が出たり、炎症を起こしたりと悲惨な状況になっていました。

その後、外国の脱毛器を外国旅行したときに購入して、ワキ脱毛に使ってみました。その脱毛器は本来、腕や足などに使うらしきものだったのですが私はワキに使っていました。

コイルで毛を抜くタイプのものでしたが、かなり痛かったです。

とにかく私のワキは剛毛ですごいことになってましたので、社会人になってから、永久脱毛を考え始めました。それまでにエステでワックス脱毛などはしたことがあったのですが、やはり永久脱毛でないと、と思い込んでいました。

そして、今から数年前、とうとう永久脱毛をしたのです。完了するまで通わなかったのでたまに生えてくることはあるのですが、ほぼ処理がいらなくなりました。

今までの苦労が嘘のように思えました。今は夏でも堂々と半袖が着れますし、電車などでも気にならなくなりました。

ワックス脱毛

これはまだ私が学生のころの話なのですが、今ほど脱毛エステというものが普及していなくて、脱毛といえば自宅で自己処理するか、または高額なお金を払って脱毛サロンに行くかしかない頃でした。

当時大学生だった私は、わきの下の毛をどうしたものかと、いつも悩んでいて、自分で毛抜きで抜いたり剃ったり、あらゆることをしていました。

しかしその都度、肌は傷んできてしまって、炎症を起こすようになりました。

そこで、これは一度プロにやってもらうしかないのではないか、という結論に達して、エステティックサロンの門戸をたたきました。

そこは、脱毛もやってましたが、基本的には痩身などのサロンでした。

脱毛も、今のようなレーザー脱毛ではなく、ワックス脱毛でした。一回が数千円、という感じで、どうしても服装などによって、きれいに処理しておきたい日の前日には予約を取って行ったものです。

さてワックス脱毛ですが、ジェル状のものをワキの下に塗り、しばらく時間を置いた後、ガーゼみたいな布ではがす、という方式でした。

全然痛くはありませんでしたが、効果はその時限りって感じで、すぐにまた新しい毛が生えてきてしまう、という難点はありました。

今でこそ、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が主流ですので、ワックス脱毛は懐かしいですね。

医療レーザー脱毛

私はかなり剛毛な方で、特にワキの下の毛が多く、いつも処理に困ってました。毛抜きで一本一本抜いたり、カミソリで剃ったり、電動シェーバーを使ったり。脱毛器具にかけた費用は並みでなく高額になってました。

そんなわけで、社会人になったら必ず脱毛したい、と思っていたわけです。芸能人のように、つるつるのお肌になりたい、そう願っていました。そして、数年前そのチャンスが到来したのです。

ある美容クリニックの脱毛料金がキャンペーン価格で値下げされているではありませんか。これはもうやるしかない、と即決しました。一年で六回の約束のキャンペーンだったのですが私はよく調べもしないで、それでもうつるつるになるのだ、と思い込んでました。

実際行ってみると、脱毛器具は最新鋭のものらしかったのですが施術が痛いのなんのって。ワキって、皮膚が薄いところですから、その皮膚をピンセットでつままれているような痛さでした。半泣き状態で我慢しました。約束の回数が終わった後は、あの痛さから解放されて本当にうれしかったです。

ところが、私のワキの毛量は多く、六回では終わらなかったのです。追加料金を払って通い続けたほうが良いと言われましたが、あの痛さに耐えられず、行く気がおきません。

脱毛エステでの施術

最近昔と違って永久脱毛もとても安い値段でできるようになりましたよね。昔はワキだけで何十万円とか、なかなか手の出せない価格だったかと思います。永久脱毛しているのはアイドルやタレントなどの芸能人だけかと思っていましたし。でも最近では女性でも男性でもつるつるで綺麗な肌の人が増えてきたと思います。

さて、永久脱毛ですが一般的には医療機関で行うクリニック脱毛と、エステで行うエステ脱毛というのがあると思います。私はこの両方、経験したことがあります。値段的に、クリニック脱毛よりもエステ脱毛の方が安いですよね。でも、結果から言いますと、どちらも施術にあまり変わりはないんです・・・。というか、私はそう感じました。

なのでエステ脱毛でも充分満足のゆく結果だったのです。施術が完了した今でも全然生えてきていませんし。確かにクリニック脱毛の方は初回に医師の説明があるなど、安心感はあるんですけどね。でもきれいになるのならば脱毛エステでも大丈夫です。

脱毛エステでの施術も本当に丁寧でしたし、サービスも良かったので、気持ちよくやってもらうことができました。もう行く機会はないくらいつるつるですが、またお世話になりたいくらいに思っています。

脱毛エステのススメ

女性のみなさんなら誰しも悩んでいること、それは脱毛に関する悩みなのではないかと思います。私も子供のころから色が白くて剛毛、という、最も毛が目立つパターンでした。学生のころは毎日自分で処理してました。処理方法は、毛抜きやかみそり、電動シェーバーなどです。

でも、これらの脱毛方法はかえって肌を傷めたりする結果になり、効果もその場限り。とてもおすすめできるようなものではありませんでした。何とかもっと簡単に、そして肌にやさしい方法はないものかと模索してました。

ワキなどは夏場は毎日のように処理しなくてはなりませんし、毎日カミソリを当てていれば当然肌は傷んでしまい、血が出たり炎症をおこしたりするようになりますよね。でも処理しないでボーボーにしておくわけにはいきませんし。女性の身だしなみって、本当に大変だなぁと思ってました。

ひざ下などはソイエなどを使って抜く方式の脱毛をしていたのですが、これの問題点は毛が埋まってしまう、ということです。処理した直後はつるつるになるのですがすぐに次の毛が埋もれてしまってました。これらを穿り出すのも一苦労だったんです。

そこで私は社会人になってからですがワキとひざ下だけ、脱毛エステで永久脱毛してしまったんです。今ではもうお手入れもする必要なく、快適な生活を送ってますよ。