フーレセラピー

マッサージといえば手でするものですよね。マッサージにも血行をよくして代謝を上げることで痩身効果があるといえます。リンパの流れをよくすることで小顔や、ふとももなど気になるところを目標に近づける手助けにもなります。

そういったマッサージの一つに、フーレセラピーという足で行うマッサージがあります。フーレセラピーは足で体をほぐすマッサージで、手でやるより力をいれることができます。そのため手より短時間で体をほぐすことができるようです。マッサージによってリンパの流れをよくするのでもちろん痩身効果もありますし、日頃の疲れも解消できそうですよね。

先日ご縁があって体験してきましたが、体験した感想としては、触られている感じは本当に手とそんなに変わらなくって、足つぼもふくめてやっていただきましたが、本当は手でやっているんじゃないかと思わず目を開けてしまうくらいでした。終わった瞬間から、体がポカポカしてきて、血がめぐり始めたからか手の先や足の先までかゆくなってきました。肩の筋肉が固まっていたようですが、やっていただいてすっきりしました。手の三倍くらいの力がかかっているらしいですが全然痛くもなくとても気持ち良かったですね。

Vラインの脱毛

最近では脇の脱毛、足や腕の脱毛は簡単にできるようになってきましたよね。お得なキャンペーンなどもエステでは紹介されますし、レーザー脱毛や光脱毛のおかげで痛みも少なってきました。そんな中で、気になるけどなかなか脱毛に踏み切れないでいる人が多いのはアンダーヘアの脱毛ではないでしょうか。

アンダーヘアが気になるのは、やはり夏、水着になるときと、彼氏ができたときですよね。せっかくかわいいビキニを着ているのに、アンダーヘアが気になってしかたがないなんて言うのはもったいないですよね。とくに正面から見えるVラインの脱毛をやってみたいなと思う人も多いでしょうね。最近はレーザー脱毛でVラインなどの脱毛を行っている人もいるようです。ただVライン脱毛での悩みとしては、どういった形にするかをきちんと事前に話しておかないと残った毛が変な形になってしまうこともあるようです。きちんとサロンで施術を受ける前には確認しておきたいですよね。

心配な人はレーザー脱毛よりワックス脱毛のほうが、まだ毛が生えてくるのが早いようですのでワックス脱毛を取り扱っているサロンに行ってみるとよいでしょう。これから夏に向けて早めにお手入れしておきたいですね。

エステティシャンになりたい

いろいろな動機でエステティシャンになりたいという人も多いのではないでしょうか。自分の手でだれかがきれいに美しくなり、素敵な笑顔で帰って行って感謝もされるというのはとても素敵な職業ですよね。ではエステティシャンになる場合にはどういった人材が求められているのでしょうか?

まずはエステティシャンの場合技術が必要!と思う人も多いかもしれませんが、技術というものはやはり日進月歩です。自分は学校で技術をしっかりまなんできました!と自信を持っている人よりは今は技術はなくても、学びたい、向上したいという気持ちがある人のほうが好まれるでしょう。また体形や肌等も重要です。過度の肥満であったり肌荒れがひどすぎる場合はお客さんからこのエステ大丈夫?と思われてしまいますよね。まずはお客さんがこうなりたいなーと思うようなエステティシャンになることも重要です。また表情なども重要ですよね。面接のときなどに緊張してしまうと思いますので日頃から笑顔を作る練習や、緊張したら口角を上げるように心がけるとよいでしょう。また長期で働けるということもきちんとアピールしたいですよね。ずっと続けていることがあればそういったことをアピールするのもよいかもしれません。

自宅サロンのエステ

エステというとチラシなどでよく見かけるような大手のエステサロンを思い浮かべる人もおおいでしょう。しかし、エステサロンでも、個人でやっているようなエステサロンがあります。個人がやっているエステサロンは何がいいかというと、比較的価格が安いところが多いということです。なぜならば大手のサロンでは、立地が良い場所に大きなフロアを借り、CMなど広告費をかけてやっているところが多いです。それに比べ自宅サロンでは広告費にお金をかけずにくちこみでやっている場合も多いです。その分料金が安くなるというわけです。

ただ、自宅サロンの場合注意したいのは、技術面などがきちんとしているかを事前に調べる必要があるということですね。大手のサロンでは研修制度などがありますが、自宅サロンの場合はその個人に任せられているところが大きいです。またコースなどを勧めてくるような自宅サロンは注意が必要です。先払いで払ってしまって、連絡がつかなくなったりしたら怖いですよね。技術がしっかりしていて、安心できるサロンであれば長くお付き合いができるのが自宅サロンのいいところです。自分のお肌のことを一番よく知ってくれているひとがいるのはいいことです。いい場所を見つけて、通ってみるのもよいですよね。

ハンドエステ

意外と人と接するときに一番目につくのが手だったりしますよね。オシャレなネイルなどをして爪に気を使っている人は多いかもしれませんが、よくよくみると顔ほどはお手入れをしていないのではないでしょうか。指先は自分の目にも入りやすいところですので手に自信がつくと毎日が楽しくすごせますよね。今までお手入れを気にしていなかった人は一度ハンドエステにいってみてはいかがでしょうか。

ハンドエスではまず、手のチェックをして、気になるところのお手入れをします。この辺はフェイシャルエステと同じですね。たとえば手の甲がくすんでいたり、黒ずんでいたりしませんか?あと以外にお手入れを忘れやすいのが指のムダ毛。腕はきっちりしょりしているのに忘れていませんか?また爪もネイルをしている人は定期的に整えられているかもしれませんが自分で爪を切っている人は不揃いな場合が多いですよね。

施術内容としては顔とそんなにかわりません。ケミカルピーリングや美白成分、保湿成分をいれたりします。指のムダ毛は脱毛ですね。腕の脱毛などをされているひとだったらあまり痛みを感じない程度だそうです。そういった施術で手全体をきれいにして、爪はジェルネイルなどで整えると完成です。一度お試しくださいね。

エステティシャン

エステにいくととってもきれいなエステティシャンの方がエステをしてくれますよね。将来エステティシャンになりたいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。エステティシャンとして技術、技能を磨くことができれば独立も可能な職業です。またお客さんの喜ぶ顔や感動する顔が間近で見ることもできますし、やりがいのある職業だといわれることも多いようです。お客さんの体形などが変わったり、フェイシャルで効果が出たりするのが間近で見れるという点でもとても素敵な職業ですよね。

ただ、独立ができない場合は、勤務する場所によっていろいろと変わってくるようです。労働時間が長かったり、女性ばかりの職場ですので人間関係に問題があったりと悩みが多い人もいるようです。またお店によっては自社製品を買わないといけなかったりして、化粧品台に高いお金がかかる場合もあるようです。そしてやはりエステティシャンとして美容面でも体形などをキープしないといけないですよね。メイクなどもしっかりとしていかないといけないですし楽な仕事とは言えないようです。お給料面でもどこかのお店に勤めている場合はそんなに高い給料でもないようですので、きちんと目標をもって目指したいものですね。

ブライダルエステをしよう

結婚式には素敵な自分でいたいものですよね。友達や、先輩に聞いていてもみんなブライダルエステをやったというけれど、いままでエステもいったことないからどのくらいから準備したほうがいいのか、どれくらいお金がかかるのか気になるところですよね。そんなブライダルエステの基礎をご紹介しましょう。

ブライダルエステを受けるのは大体1ヶ月前の人が多いようです。これはやはり今は女性も結婚後も働き続けるひとが多いため、結婚するのが決まって仕事を辞めて結婚準備に入る人が少ないこともあるでしょう。早い人だと3か月以上前から準備する人もいるようですが、なかなかそんなに時間もないのが正直なところ。ただ、気になる箇所があるようなら2~3か月まえから始めたほうがいいですね。特にシェービングはかならず受けたほうがよいでしょう。産毛をとることで当日の化粧ノリなどが断然違います。また肌がワントーン明るくなるという効果もあるようです。

気になる料金ですが、どのくらい前から準備するかにも変わってきますが、気になるところをじっくりケアする場合には大体10万前後のお金がかかってきます。直前のケアでも大体5万円前後になりますので、結婚をするときの予算として考えておきたいですよね。

もし東京にお住まいの方なら、ブライダルエステ 池袋が個人的におすすめです。
赤羽駅徒歩1分で通いやすい☆

男性特有のエステ

エステというと女性のイメージが強いと思いますが、エステの中にも男性特有のものがあります。それは脱毛のコースであります。脱毛で男性特有のもの。といえばそうです。ひげですね。男性によってはひげが濃いことを気にしている人も多く、ひげの脱毛のコースがあります。

やはりひげというものは女性にとってのムダ毛のように処理などの時間が無駄であるとかんじている人が多いようです。特に男性のひげは目に触れやすい部分であることから毎日の処理が必要になります。また濃いひげだと、朝剃っても夕方には伸びてしまい見た目にの気になる場合がありますよね。そういった人向けにコースが作られたようです。多くはレーザーでの脱毛をしているエステサロンなどが多いようです。

ただ顔の部分の脱毛となるのでやはり通うエステサロンには注意したいですよね。美容外科などで行っている場合もありますし、大手のエステサロンで行っている場合もあります。金額が安くなるのは美容外科のほうが多いようですが、エステサロンのほうは一緒にフェイシャルエステなどもしてもらえる可能性もありますので、コースの内容や、回数、金額を比べながら自分に合ったところを見つけたいものですね。

フェイシャルエステ

やはり顔というものは人が一番初めにみるところでもありますので、気になる人も多いでしょう。フェイシャルエステに通う場合考えておいたほうがいいのは、そのエステの化粧品を使いたいかどうかということです。たいていフェイシャルエステをやっているところでは化粧品も販売しています。やはり化粧品とエステを併用することで効果が上がる面もありますし、いくらエステをしていても日々のところでお手入れしているものがよくなければ効果が得られない場合もあります。

ですので事前にどういった化粧品を取り扱っているか、化粧品の価格はどれくらいかなどを調べてからフェイシャルエステにいくと、高い化粧品をすすめられて困ることもありませんし、自分の予算内で効果が得られるエステサロンが見つかるかもしれません。

やはり時にはエステに頼ることも必要ですが、フェイシャルに関しては日々のお手入れというものがとても重要になってきます。いくらエステに通っても、化粧したまま寝てしまったり、日々の洗顔の仕方が正しくなかったりすると効果は得られません。きちんとエステティシャンからアドバイスを受けて、日々のお手入れもよりよいものにすることで、肌を美しくすることができることでしょう。

エステとクレジット

エステサロンも通ってもらうために、エステコースを作っているところがとても多いです。そのため、コースを申し込もうと思うと初めに高額なお金がかかります。通常で同じ回数通うよりは断然安くはなっていますが、それでもなかなか1回で支払える金額ではありません。

その為たいていは24回払いなどの分割払いを勧められます。そうすると1回の金額を月1万円以内で納めることができるため、アルバイト代で支払えますよということばや、働いているひとなら1回の飲み会を我慢すれば支払える金額ですよと勧誘されることが多いです。しかし、コースはたいていは半年から1年です。コースに満足できなかった場合や、痩身などで効果があったけどそのあとリバウンドしてしまう可能性がないとは言い切れません。そういったものを分割で支払うということはあまりお勧めはできません。

またクレジット会社と分割契約を結ぶため、分割手数料もかかってきます。そういったことを考えると、安易にクレジットの分割払いを使ってエステの契約を結ぶのはよくないですし、そういったことを執拗にすすめてくるエステサロンもあまりお勧めできないといえるでしょう。きちんと無理のない程度でのエステの利用おすすめします。

エステとは何か

フェイシャルエステ、痩身エステ、メディカルエステなどさまざまなエステの名称が存在しています。そもそもエステとはどういったものなのでしょうか。

エステとは痩身エステや脱毛エステ、美白エステなどいろいろな種類の全身の美容術のことをさしています。エステが始まったのは明治時代ではないかという説もあり、明治時代のフェイシャルエステとして行われていた「美顔術」というものが発端といわれています。

特に景気が上昇傾向にあった1970年代ごろから、少しずつ女性の社会進出が進んできたこともあり、美を追求する女性が増え、それに合わせてエステの種類も増えていき、マッサージや脱毛など、女性が今以上に美しくなるためのエステというものが増えてきたといえます。

現在では脱毛などは以前に比べると比較的低価格でできること、猛暑により薄着の女性が増えたこともあり、手入れが大変ということから行っている女性も増えてきています。また女性が仕事をすることが増え、デスクワークなどにより、冷え症やむくみなどが悪化し、改善するためにアロママッサージのエステなども増えてきています。またダイエットに関するエステも各社さまざまなコースを用意しており現代の女性がどれだけ美を追求しているかがわかりますね。

メディカルエステ

メディカルエステとは医療機関と連携したエステです。フェイシャルや、痩身などさまざまな種類を取り扱っています。さまざまなコースがありますが、医師が監修したものなども多く、クオリティが高いことを重視しているエステサロンが多くあります。

医師と連携していますので、医療行為が必要な場合には自分の状態などをきちんとエステティシャンから伝えてもらうことができます。そういったところで安心感はありますよね。また医療レーザー脱毛などもあり、低価格なことが多いことが特徴です。低価格なので心配されることも多いようですが、医師がいるということは通常のエステサロンよりは安心できるのではないのでしょうか。きちんと医師から説明をしてもらうこともできます。医学的に説明もしてもらえることでしょう。フェイシャルに通う理由の多いニキビなども、皮膚の状況を皮膚科医にきちんと見てもらったうえで、フェイシャルエステをうけることのできるメディカルサロンもあります。

エステはちょっと効果が不安というかたはぜひこういったメディカルエステを利用してはいかがでしょうか?医師の診断を受けることができるということは、不安を解消するような話を聴くこともできて、安心感にもつながることでしょう。

ホームエステ

やはりエステサロンに通うのは高くて続かない、通うのが大変などの理由から最近ホームエステがはやっていますね。昔はホームエステの機械というとエステサロンなどに売っていてかなり高額な場合が多かったですが、最近ではパナソニックなどから家で気軽にできるホームエステの機械もでていますね。金額も、少し頑張れば買うことのできる価格です。ボーナスが出たときや誕生日プレゼントなどにおねだりできるくらいの金額ですよね。

素肌ケアではいろんな種類のスチーマーが出ています。普段のお手入れに使えるコンパクトタイプのものから、寝ているあいだにスチームエステができるものなどまでいろいろな種類がでています。持ち運びができるものまで作られているのでオフィスで昼休みに自分でエステをすることも可能です。また目元用のえすて機器もできていて、寝ている間にスチームと温感ヒーターで目元を温めることができるものがあります。

こういったエステ機器を活用して、日頃のお手入れにひと手間加えることで、化粧ノリがよくなったり、肌の調子がよくなったりすることでしょう。なかなかエステに行くのはハードルが高い場合でもこういったものから取り入れて美肌キープしましょう!

プチご褒美にエステ

エステというとずっと通わないといけないんじゃないかとついつい思ってしまいます。エステサロンにいってもやはりお客さんを獲得したいので、何回か通うコースを進められてきます。コースで行くとなると1回に支払うお金は高額ですし、そんなに毎週通うのもとためらってしまいます。毎月行くのもちょっと負担ですよね。

そんな人はプチご褒美のエステに挑戦してみてはいかがでしょうか。たとえば会社員の人ならボーナスが出たときに行く、と決める。そしてたとえばボディでも痩身のタイプのものではなく、肌をつやつやにしてくれるものにするとか、フェイシャルなら汚れをとってくれるタイプのものにしてみるのもいいかもしれませんね。あとはそういった機会にプロの手で全身のシェービングをしてもらうのもいいかもしれません。

初めからプチご褒美と決めておけば、初めからお店の人に年に2回だけなんですと伝えておけば、施術中の勧誘もないでしょう。どうしても勧誘が怖い場合はマッサージサロンなどでもエステをやっているところがありますのでそういったところに行ってみてはいかがでしょうか。プロの手で素敵なひと時をすごしてリフレッシュする、自分へのご褒美にエステをつかってみるのもいいかもしれませんね。

DHCのエステ

フェイシャルエステにいくのはいいけれど、エステでおすすめされる化粧品は高すぎて、なかなか続けることができないという悩みを抱えてる方もおおいのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、あの通販化粧品で有名なDHCがオールハンドでのフェイシャルエステを始めたようです。

まだ何店舗もでているわけではないようですが、フェイシャルエステで、クイックコースなら2000円程度で受けられるコースがあるようです。コースによってはベーシックケア、ホワイトニングケア、エイジングケアから選ぶこともできるみたいですよ。フェイシャルだけでなくデコルテやハンドなどのオプションもあるようですのでいろいろ組み合わせてみたいですね

なによりもDHCの化粧品をつかってエステを行ってくれるので、どういったことをやってくれるのかをみれば、家でもとりいれられることがありそうですよね。また商品を販売している店舗のすぐそばにあるようですので、終わった後効果があった商品を買って帰ることもできます。DHCなら化粧品もお手ごろ価格でありますし、買って帰った化粧品がなくなった時にはすぐにパソコンや携帯電話を使ってネットで注文することもできるので大変便利です。

ジムでエステ

昔はジムといえばトレーニングをして筋肉を鍛える場所というイメージでしたが、最近ではダイエットをするためにジムやスポーツクラブに通う人も増えてきましたよね。ダイエットのためのプランを提案しているジムも多くできています。

そんな中でコナミスポーツクラブは、エステも始めたようです。エステの内容はボディのメニューだけではなく、フェイシャルメニューやエンダモロジー、ブライダルエステなどがあります。フェイシャルメニューは普段の肌のメンテナンスから肌トラブルの予防、エイジングケアなど、ボディメニューもいろんなメニューがあります。

また料金プランも月額制になっていたりなどわかりやすい料金体系がホームページにも載っているので安心ですね。月に3回じゃ足りない!という場合にもダイエットのパッケージセットがあり10回などで販売されています。こちらも料金がわかりやすくなっているのでいいですね。自分の予算と相談したり、このエステを受けるためにお金を貯めるぞーという気持ちも持ちやすいです。

またジムと併設されていますから、ダイエット目的の場合にはエステと運動を組み合わせて行うこともできますよね。運動の後にエステ?それともエステのあとに運動するほうがいいかはぜひジムにお尋ねくださいね。

リンパマッサージ

痩身のエステで、私が一番お気に入りで、おすすめなのがリンパマッサージです。エステティシャンの技術にもよりますが、リンパマッサージは本当に良かったと思います。手でのマッサージなどで、セルライトをぷちぷちとつぶしながらマッサージするのですが、セルライトが固まっている状態の時は本当に悲鳴を上げそうになるくらい痛いです。

何度かリンパマッサージをしてもらっているとだんだん、リンパマッサージをしてもらったところがあたたかくなってくるようになります。そうなれば、少しずつその箇所の脂肪が燃焼しやすくなり、いままで痩せにくかった太ももなどが痩せてくるというわけです。私は特に太もものセルライトがひどく、自分で触ってみてもほかの箇所にくらべてひんやりしているのがわかるくらいでしたが、何度かリンパマッサージに通ううちに少しずつ温かくなってきて、少しではありますが、足に隙間ができたのが本当にうれしかったです。

自宅でセルライトがまたひどくならないように、お風呂の中では自分でマッサージをしていますが、やはり太ももの裏側などは自分ではうまくできません。定期的にエステティシャンにたよりつつ、きれいな太ももに近づけたいなとおもいます。

ベネフィークエステ

似たようなエステがいろいろあるエステの中でぱっと目についたのが+14℃加温エステ体験の文字でした。資生堂ベネフィークでは冷えや乾燥のなかで最適な温度で肌を温める加温エステで耳の下や首筋から温めることで顔全体の肌の循環もよくするエステを行っています。

エステの中身はまずはエステの前に簡単なお肌チェックを行います。クレンジングからはじめるのでメイクをしたまま行っても大丈夫です。そしてリラックスしてもらうためにハンドマッサージからはじまります。まずは超音波・LEDのマッサージで血行促進をします。最初に不要な角質を取り去ってジェルをつけて超音波に入ります。ジェルがしみこむのが実感できるようです。そのあとLEDで赤い光を顔に当てます。赤い光は顔が喜ぶといわれているようです。そして温感エステをおこない、血行をよくしていきます。そしてひんやりとしたパックをしてうるおいサポートとして角層深くまで化粧品の成分がいきわたるようにシートのうえから機器をつかいます。そしてそのままマスクをしばらくすればエステ終了です。

寒くなってくるこれからの時期、肌の血行をよくして血色のいい元気な肌でいるためにも一度行ってみたいエステですね。

基準を満たしているエステサロン

たくさんあるエステサロンの中から選ぶときにやはり、ここで大丈夫かしらという不安はつきものです。過剰な勧誘をされないかとか、ちゃんとした施術が行われているのか心配になりますよね。そんな時におすすめなのが日本エステティック協会の会員かどうかを調べることです。

日本エステティック協会は、業界最高水準の教育、情報、技術を提供して会員であるエステサロンを成長させたり、公明正大なルールを確立して教会を運営することを綱領に掲げた団体です。

日本エステティック協会登録サロンでは、「エステティック業界における事業活動の適正化に関する自主基準」「日本エステティック協会登録サロン実施規約」を遵守することが義務付けられています。不安であれば一度どういった基準か目を通してみれば安心して通うことができるのではないでしょうか。また、協会認定校でエステティック教育を受けたエステティシャンがいます。協会認定校では300時間や1000時間コースがあり、300時間コースでは終了後に筆記試験が必要です。また働きながら学びたいひとは通信教育とスクーリングを合わせてエステティシャンの資格を取っている人もいます。どちらも相当時間の学習をしてエステティシャンになり、サロンで技術を磨いているわけですから安心ですね。

 

エステの体験に行く時の注意点

最近ではエステの体験コースがいろんなところで宣伝されています。見てみるとちょっといってみようかなという気持ちがでてきますよね。エステの体験をするときのちょっとした注意点をご説明しましょう。

まずは、最後までほめてくれるエステは絶対にないということです。エステしなくても大丈夫と思われたら困りますもんね。どんなにきれいな肌でも、足りない点を探してそこを言ってくるのがエステの勧誘だと思います。だから必要以上にこんな肌や、体形だなんてなんとかしないといけないのだと思わないことが大事です。

体験してみて、やっぱりいらないなと思ったら、その時はきっぱり断る姿勢が重要です。時間がないし・・・とか歯切れの悪いことを言っていると、勧誘している側ももしかしたらもう少し説明したら行けるかも!と思わせてしまい、お互い不要な時間を過ごすだけです。思ってたよりお金がかかるので無理です。ローンは親に組むなといわれているので無理です。などいろんな断り方があります。また悩んでいるときはある程度話を聴いて、いったんかえって親と相談させてくださいといえばいいのです。特典は本日中とかいわれますがそれに惑わされずきっぱり言うことが重要です。

いいエステの見分け方

いまやエステサロンは全国各地にいろんな種類があります。まずは自分が必要な部位のエステを考えますよね。最近化粧ノリがわるければフェイシャルエステ、体形が気になるならボディのエステ、ムダ毛のお手入れに疲れてきたら脱毛エステとどのエステに行くかまは簡単に決めることができます。しかしそのあとどのエステサロンに行くかはすごく悩むのではないでしょうか。

まずは予算を決めていくことが大事です。予算を決めておけば、エステで勧誘をするほうもプランの提示がしやすいです。そして、できるだけ人の手がかかるエステのほうがいいでしょう。最新の機械をつかってくれるところもよいとは思いますが、人の手がほとんどかけられないのでは、やはりその日の変化などはわかりづらいものです。

そして重要なのはまず体験コースにいってみることです。体験コースにいっていろいろ話をしてみましょう。エステティシャンに言われたことで疑問に思うことや聞きたいことはどんどん聞いてみて、疑問を解決することにもなりますし、何より今後通う時に話がちゃんとできるかが重要だからです。話していて感じが悪い、身だしなみがきちんとしていなくて嫌ということであればどれだけ技術や機械がすぐれていても通うのは難しいからです。ぜひ自分にあったエステを見つけてくださいね。

安いエステは訳がある

高いお金をかけてエステに通うから少しでもお買い得なところに通いたい気持ちがある人も多いでしょう。いくつかのエステを比べてみて、安いところにいってみたり、体験で安いプランをだしてくれたところに通おうかと考えている人もいるのではないでしょうか。

やはりエステにも安いエステにはわけがあります。安いエステに行ったことのある私の体験からここが安いエステの特徴だと思うところをご紹介しましょう。まず初めに、安いエステは個室がしっかり個室ではなかったことに驚きました。パーテーションではないですが壁が天井までないのです。そして奥で隣の部屋とつながっているので隣の個室の音が丸聞こえです。また安いエステコースを組んだ場合はできるだけ人の手を使わずにできるエステになります。ですので機械にずっとあてられていたりということが多く、リンパマッサージなどは数回に一回しか施術がありませんでした。また、ひとりのエステティシャンが同じ時間に何人も掛け持ちしており、そのため待たされることも多々。寒い時は風邪をひくかと思うことも。あくまでもこれは私が体験した安いエステでのお話ですが、皆様もエステ選びの際は値段だけでなくどういったシステムでされているか、どんな施術をうけられるかは要チェックです。

デンタルエステ

足痩せやおなか痩せ、フェイシャルエステはよく聞きますが、歯にもエステサロンがあります。デンタルエステは歯科医師がやるのか医療行為ができない人がするかによって施術内容は違うようです。歯科医師が行う場合は医療行為ができますので、歯列矯正まで行うところもあります。基本的には歯を白く見せる、口臭などが気にならないようにするのが目的として行われています。

歯のホワイトニングを行ったり、歯科衛生士にブラッシングしてもらったり、タバコのヤニやコーヒー、紅茶、ワインなどが原因で色がついてしまった歯を白くしたりというメニューがあります。ここまでは歯医者となにが違うの?という感じもしますが、エステといえばパック。歯にもパックをします。歯に必要な栄養素を入れたパックをすることで足りない栄養を補給します。

小顔や口角のリフトアップのトレーニングがあるエステもあります。口元まわりということで唇のエステなどもあります。口臭測定器で口臭を測定して原因を究明してももらえるので、一度調べてもらいたいですね。

自分で磨いているだけではなかなかきれいにできないものです。時々はデンタルエステにいって白くてきれいな歯とさわやかな息をキープしたいですね。

エステの力を借りることも大事

ダイエットや、美肌、脱毛は自分の力でもできることはたくさんあります。美肌は食べるものに気をつけたり、化粧品を変えてみたりもできますよね。ダイエットは特に食事制限をしたり、運動したり、いろんなダイエット法も紹介されています。脱毛はしなくても自分で処理をすればよいとおもっている人も多いでしょう。ではなぜこんなにエステがたくさん広がっているのでしょうか。

それは自分の力でやるには限界があるということです。肌は食べるものに気を付けたり、化粧品を変えてみて効果があっても、自分の目指すところにはなかなか届かなかったりします。ダイエットも体重は減ったけれども胸が減ってしまったり、ヒップが下がってしまったりという悩みもあります。脱毛も頻繁にムダ毛のお手入れをするのは大変ですし、お手入れの仕方によっては肌を傷つけてしまいます。

その点エステでは最新の機械を使ったり、エステティシャンの技で、肌がさらに明るくなったり、毛穴の黒ずみがとれたりしますし、ダイエットはバランスの良い体にさらに一歩近づくことができるでしょう。脱毛もお手入れしなくてよくなります。自分の努力はもちろん必要ですが、プラスアルファでエステに頼ることで、さらに目指す自分に近づくことができます。

体験キャンペーン

誕生日の時期になると、どこからともなくエステの体験キャンペーンの案内はがきがとどいたりしますよね。安いものだと500円程度~2千円程度でできる体験キャンペーンが多いですよね。インターネットでエステのページを見ていても、まずは体験からというものが多いです。

何故こういった体験キャンペーンが多くなっているのでしょうか。やはりエステに対するイメージにたいしてハードルが高いのもあるでしょう。まずは体験をしにきてもらうのが重要なわけです。体験をしてみると、痩身エステや、フェイシャルエステは、自分の体形の写真や、肌の状態の写真を撮られます。そして、どれだけ体形が崩れているか、肌の状態が危ないかということをずっと説明されます。それで、このエステを受けることでこれだけあなたは理想に近づきますよと言われ、それならと契約してしまう場合が多いようですね。そのためエステでの担当者はあくまでも強引な勧誘にならないように、心理戦をしてきます。エステを本当に受けたいと思っている場合はいいですが、あまり興味もないのに体験コースを受けると、ついつい契約してしまったと後で後悔することにもなりかねません。

体験を受ける場合はよかったら契約しようという気持ちをもって申し込みたいですね。

脱毛エステのすすめ

自分でムダ毛処理をしているのであれば、早めの脱毛エステをおすすめします。なぜなら、エステである程度ムダ毛が生えてこないようにするには2年程度の時間がかかります。1年遅れると3年間はある程度自分でムダ毛処理をしなければならないわけです。

たとえば一週間に1回腕、足、脇の手入れをするとしましょう。丁寧にやると大体1時間程度はかかりますよね。年間にすると大体48時間です。48時間をたとえばお金に換算してみると、アルバイトなどをするとすれば、時給千円だとすると約5万円。その5万円分の時間を脱毛ではなく、別のことに使うことができるようになるわけです。早ければ早いほど、5万円分の時間を自由に使えるようになります。脱毛にはお金がかかりますが、その分もすぐに取り返すことができます。

昔は脱毛の種類も少なかったですが、今はいろんな種類の脱毛を受けることができます。価格も早さもいろいろあります。自分のライフスタイルにあったやりかたで脱毛をすることで、毎日の手入れの煩わしさからも逃れられますし、大事な時に処理を忘れていた!と困ることもなくなります。自信をもって自分の肌をみせることができるのは素晴らしいことです。

痩身エステの注意

他のエステは、とりあえずエステに行くだけで、効果が得られるものが多いでしょう。ただ、痩身エステだけはエステに行けば何もしなくても痩せるというものではありません。すでにある程度痩せている人が最後あとちょっと痩せたいや、部分的に引き締めたいという場合は効果があるかもしれません。しかしすでにBMIが肥満値をさしている人が、ただエステにいったからといって効果が表れるわけではないでしょう。

やはりエステと合わせての生活改善、食事改善が必要です。エステサロンで食べたものを記録する手帳を渡されて、毎日書いたものをエステの時にチェックしてコメントをしたりしているサロンもあります。せっかく高いお金を払っていくわけですから、最大限の効果を得たいものですよね。とりあえず痩せたいからエステにいくのではなく、ある程度生活改善をした状態かしようとする意志をもった状態で行かなければ満足する効果は得られないとおもわれます。

エステでは最新の機械や、エステティシャンのテクニックにより、自分ではできないようなことができます。セルライトを減らして燃焼しやすい体をつくったりすることはダイエットには重要です。しかし、それだけではやはり痩せないということをきちんと理解したうえでサロンにいきたいものですね。

ブライダルエステ

結婚式といえば一生に一度。そして一番花嫁が注目される一日でもありますよね。最近では携帯にカメラがついているから全員がカメラマン。せっかく撮られるのだから自信をもって笑顔で写りたいですよね。自分が納得いく花嫁姿を見せるためにもブライダルエステがすすめられています。

普段のエステと違うのは、いかにウエディングドレス姿をきれいに見せるかに力がいれられていることです。フェイシャルやボディのエステは挙式の6か月前から行われ、3か月まえからは胸元があいたドレスを着る人はデコルテのエステ、ノースリーブのドレスを着るなら二の腕、脇の脱毛などがあります。そして挙式の二週間前くらいまでには、ヘアメイクのリハーサルも必要です。また一週間前からはシェービングで肌の透明度を上げたり、指先まできれいにいるためにネイルも必要です。

すべて完璧にやろうと思うとお金も時間も相当必要になりますので、サロンで自分の要望と予算を伝え、できるだけ理想の状態に近づけたいものですね。そのためにも早めからドレスなども決めて、そのドレスを着たときにどこが気になるのかをメモしておき、その部分を重点的にやることで納得いく挙式当日を迎えられるのではないでしょうか。

エンダモロジー

エンダモロジーは現在エステでもとりいれられていますし、一部のスポーツジムなどでも取り扱っているところもあります。米国のFDAが初めてセルライトに効くと認めたボディケアです。

血液やリンパの流れが滞る原因となっている老廃物がセルライトです。セルライトが流れをせきとめているため脂肪燃焼効率が低下します、そして肌の表面の温度がさがり、むくみなどの原因や、ボディラインが崩れる原因になっています。

主にセルライトは太ももやおしりなど女性が皮下脂肪がたまりやすい部分にできます。それをエンダモロジーという美容機器を使うことにより、人の手ではできない吸引という動作や深部の皮下脂肪までもほぐすなどの動作でセルライトや脂肪を効率よく分解します。また血液やリンパを活性化し、全身の新陳代謝がよくなるという効果もあります。冷えやむくみも解消できるのも良い点です。

施術中は特に痛みはなく全身マッサージをうけているかのようなリラックスした状況でおこなわれます。ただエンダモロジーはそれだけで減量ができるというわけではありません。セルライトがなくなることで、脂肪が燃焼しやすくなり、そのため同じ運動で脂肪が減る率があがり結果、体重が減るということにつながります。

脱毛の種類

自己処理が面倒になってきたので、サロンで脱毛したい!とおもってもどこにいっていいのか、費用はどのくらいが妥当なのかわからないことも多いですよね。まずは脱毛の種類を知ることから始めてみましょう。

まずはレーザー脱毛です。毛根がメラニン色素でできていることを利用してそのメラニン色素にだけ反応するレーザーを使用して内部から脱毛します。毛を1本ずつ脱毛しなくてよいので短時間で済むこと、痛みが少ないのが特徴です。メラニン色素に反応するため、日焼けした肌には適さない場合が多いようです。

電気脱毛は、低周波の電気を流して毛の1本1本を焼きながら処理します。そのため、毛穴の1つ1つに針を刺しこんでの施術のとなります。肌への負担は少なく、一度施術をすると永久性も高いですが、施術に時間がかかることと、針を刺しこむことによる痛みを伴う場合が多いようです。

光脱毛はフラッシュライトを使った方法です。使われる光の種類によって、フラッシュ脱毛やプラズマライト脱毛、IPL脱毛など様々な名前で呼ばれています。フラッシュライトを使い、メラニン色素に反応させるものです。肌への影響も少なく、短時間で済み、痛みをあまり感じないのが特徴です。